自由にプラン設計 | 不動産のあれこれを知る【不動産を知り尽くせ】

自由にプラン設計

青い家

より自由度の高い住宅を建築するには

住宅を建築する際によりこだわった住宅を建築する方法が設計事務所に間取りの設計を依頼する方法です。ハウスメーカーや工務店などでも注文住宅を建築することはできます。しかしこうした建築会社では法律以外に会社独自のマニュアルが作られていてこうしたマニュアルによりより多くの制約が掛かってしまうのです。ですから注文住宅の自由度も大きく低下してしまいます。一方で設計事務所に依頼する場合、設計事務所では設計業務および工事が始まれば工事の監理業務を行います。設計に関してもより建築主の希望をかなえた間取りを時間をかけて設計を行います。通常ハウスメーカーや工務店では3か月程度で商談を開始してから契約まで行います。特に神戸には設計事務所が多いと言われています。設計事務所では6カ月程度の期間をかけてじっくりと間取りやプランを練ります。費用は掛かりますが建築主もこの間にじっくり情報を収集したり間取りを熟考することができるのでより後悔のないプランを練ることができるのです。神戸を始め、様々な場所で情報が行き交っており、全国的に広まっていっていると言っても過言ではないでしょう。

設計事務所で住宅を建築するメリット

設計事務所に建築を依頼するメリットとして設計の自由度はもちろんですが施工と監理が別会社という点にあります。施工に関しては施工会社に別途見積もりを取り工事契約を結びます。設計事務所とは独立した会社なので設計事務所の建築士や担当者が現場を施主目線でチェックしてくれるのです。ハウスメーカーや工務店の場合も現場管理は行われますし建築士による工事監理もなされます。しかしこうした会社では自社で管理と施工を行うのでどうしても会社の利益優先の管理になりがちなのです。ハウスメーカーなどでもしっかりと顧客の目線に立った管理をする会社もありますし設計事務所が必ず顧客目線に立った監理をしてくれると断言できるわけではありませんが、少なくても会社が独立していることでより顧客目線の監理をしてくれる可能性は高いといえるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加